本文へスキップ

パティシエになるには?おすすめ製菓・製パン専門学校一覧。学校の口コミ評判

【岡山】パティシエを目指せる製菓専門学校一覧


岡山県にあるパティシエを目指せる製菓専門学校と短大パティシエ学科の一覧です。


専門学校

西日本調理製菓専門学校
学部:Wライセンスコース, パティシエ・ブランジェ科, スイーツ科, 調理師科
岡山県岡山市北区大供3−2−18

専門学校岡山ビジネスカレッジ 
パティシエコース


短大



おすすめ学校(卒業生の口コミ・評判)

西日本調理製菓専門学校

ケーキ職人の男性

お菓子をはじめ、“つくる”ということが好きでした。

あまり凝ったものではありませんでしたが、自宅でクッキーなどの焼き菓子や、料理をつくることがとても楽しかったのを覚えています。

やがて、専門学校への進学を考えるようになりましたが、当時は製菓と調理、どちらも魅力的で、どちらか1つに決められずにいました。

そこで、両方を学ぶことができるニシチョウのWライセンスコースへ進学。在学中の2年間で自分の将来像を見極めることができました。

インターンシップ研修は、現在勤める「フランス菓子ボンテ」へ。先生の勧めで選んだ研修先でしたが、働くことの楽しさと厳しさを、実践を通して理解することができました。

西日本調理製菓専門学校


パティシエの雑学

パティシエが調理師免許を取得するメリット

ケーキを持った女性パティシエ

パティシエが調理師免許を取ることで得られるメリットとしては、お菓子だけでなく料理全般の幅広い知識を身に付くことです。

お菓子作りはアイデアが大事ですから、料理の知識が役に立つこともあります。

また、自分でお店を開く際に必要となる、保健所の認許と食品衛生責任者の資格があります。調理師免許を持っていることによって食品衛生責任者になれます。つまり、お店を開くことが可能となります。

また、希望するケーキ屋さん等でパティシエの求人がなかったとき、調理師として働くこともできます。職業選択の幅が広がる!

さらに、調理師免許を持っていることで、給料の手当が出たり、役職がついた時に有利になる場合もあるので、取得する価値は十分にありますよ。