本文へスキップ

パティシエになるには?おすすめ製菓・製パン専門学校一覧。学校の口コミ評判

【兵庫】パティシエを目指せる製菓専門学校一覧


兵庫県にあるパティシエを目指せる製菓専門学校と短大・大学パティシエ学科の一覧です。


専門学校

神戸製菓専門学校
学部:製パン本科, 製菓衛生師科, 製菓本科, お菓子専科
兵庫県神戸市中央区加納町2−5−1

日本調理製菓専門学校
学部:製菓技術科, 調理師科
兵庫県姫路市豊沢町81

神戸国際調理製菓専門学校
学部:製菓衛生師科/昼間部1年, 調理スペシャリスト本科/昼間部2年, 調理師科/昼間部1年, 製菓スペシャリスト本科/昼間部2年
兵庫県神戸市中央区栄町通3−5−1

兵庫栄養調理製菓専門学校
製菓衛生師科 スタンダードコース(昼間部1年)
兵庫県西宮市北昭和町9−32


短大・大学

園田学園女子大学短期大学部
生活文化学科 製菓クリエイトコース
兵庫県尼崎市南塚口町7−29−1

大手前大学
総合文化学部総合文化学科スイーツ学専攻

大手前短期大学
ライフデザイン総合学科 スイーツ学・食文化コース



おすすめ学校(卒業生の口コミ・評判)

神戸製菓専門学校

ケーキ職人の男性

学園祭でウエディングケーキを一から作ったことは、この道に進むことを改めて決心するきっかけになりました。

神戸製菓で製菓の製造過程をしっかり教えていただいたおかげで、職場での作業がスムーズに行えています。

知識や技術の修得はもちろんですが、特に役立っていると感じるのがコミュニケーション力。

在学中に、学生スタッフの活動を通して、積極的に前へ出ることの大切さを学びました。

神戸製菓専門学校


おすすめ大学(動画)


パティシエの雑学

パティシエの仕事の辛いところ

ケーキを持った女性パティシエ

パティシエの世界は華やかな仕事に見えがちですが、力仕事や危険のある物を使ったりと仕事では大変な面も沢山あります。

仕事は朝早くから仕込みを行い、忙しい時期には残業があります。仕事中は火傷を負う事もあります。

パティシエは職人の世界なので、自分のお店持つまでには長い年月がかかります。

また職場では周りとの協調性を持って行動しなければならないので、人見知りのような性格の方には人間関係で苦労します。

そして、常に美味しい物を提供する為に味覚が大事な仕事です。毎日辛い物を食べていたり、濃い味付けばかり好んでいては味覚がおかしくなります。

そうすると誰もが美味しいと思う味や、統一したケーキを作れなくなってしまいますよね。パティシエという仕事は、好きな食べ物を我慢しなくては務まらない側面も。

どんな職業も辛いことがあります、辛いことを踏まえた上でパティシエを目指しましょう。


パン製造技能士

パン製造技能士とは、パン製造についての知識と技能を習得した、パンのスペシャリストのような人のことです。

資格を所持している際は、レストランやスーパーのパンを焼く所、またはホテルなどに就職をする時に役立ちます。

仕事に就けばパンを焼き続けることになりますが、菓子パンを作る仕事を任された時は、カロリーが高いので試食をする場合は注意が必要です。

その時は、試食をしますよと前もって教えてくれるので、ご飯を減らして仕事場へ行けば対応できます。

パン好きな人が取る資格とも言えますが、自身でパン屋を開業する時にも十分活用できますね。パン製造技能士がいる職場ですと大きく宣伝すると、国家資格なことから、お客を集める時の助けとなります。