本文へスキップ

パティシエになるには?おすすめ製菓・製パン専門学校一覧。学校の口コミ評判

【福岡】パティシエを目指せる製菓専門学校一覧


福岡県にあるパティシエを目指せる製菓専門学校と短大パティシエ学科の一覧です。


福岡パティシエ製菓専門学校

麻生外語観光&製菓専門学校
福岡県福岡市博多区博多駅南1−14−17

専門学校 福岡ビジョナリーアーツ
学部:フードクリエイト学科
福岡県福岡市博多区博多駅前3−16−3

平岡調理・製菓専門学校
学部:調理師専修科, 調理師本科, 製菓衛生師本科, 製菓衛生師専修科
福岡県小郡市大保1451

中村調理製菓専門学校
学部:製菓衛生師科(1年), 製菓技術科(2年), 調理師科1年コース, 調理師科2年コース
福岡県福岡市中央区平尾2−1−21

大原医療福祉製菓専門学校小倉校
学部:製菓系
福岡県北九州市小倉北区京町3−9−20

福岡キャリナリー製菓調理専門学校
学部:製菓・製パン科, 調理師科, カフェ総合科
福岡県福岡市博多区石城町20−9

九州観光専門学校
学部:スイーツ&カフェ学科
福岡県福岡市博多区博多駅前3−8−24


福岡パティシエ製菓が学べる短大

純真短期大学
学部:食物栄養学科
福岡県福岡市南区筑紫丘1−1−1



おすすめ学校(卒業生の口コミ・評判)

中村調理製菓専門学校

専門学校の女子学生

洋菓子や和菓子、パンなど様々なジャンルの実習があり、とても充実した毎日を過ごせました。

座学では砂糖や小麦粉にもたくさんの種類があり、作るお菓子や料理に合わせて選ばなければならないことなどを学びました。

正直、材料の細かい種類など、学生時代はあまりピンとこなかったのですが、どんな食感を出したいかで小麦粉の種類を変えるかなど、実際に働き始めてから大切な知識なのだと実感しました。

また、友達や先生と過ごす時間も楽しくて、体験入学のお手伝いなど、お休みの日も暇さえあれば学校に通ったほどです。

授業だけでは物足りなくて早朝から実習室で練習していたので、本当にお菓子作りの日々でした。

中村調理製菓専門学校


専門学校 福岡ビジョナリーアーツ

女性パティシエ

学生時代は、経験豊富な先生のご指導や実践的な授業を通して、プロとしての心構えを学びました。

担任の先生はとてもまっすぐで、どんな意見も素直に取り入れられる器の大きな方。今でも私の理想の社会人像なんです。

また、校舎1階の「学生が作るケーキ・パンのお店」では、毎日たくさんのケーキを販売し、商品を作る責任感を学んだほか、文化祭ではケーキ作り教室も開催。

天神の商業施設で行った販売実習ではリーダーを務め、スタッフとのコミュニケーションの大切さも学びましたね。

たくさんの経験で身につけた力を社会でも生かせるよう、インターンシップも積極的に参加しました。納得いくまで何度でも挑戦できるのも、魅力だと思います。

専門学校 福岡ビジョナリーアーツ


おすすめ大学(動画)

-


パティシエの雑学

夜間の製菓専門大学のメリット・デメリット

ケーキを持った女性パティシエ

夜間製菓専門学校では、働きながらパティシエを目指すことができます。昼間は別の学校に通う人や仕事をしている人でもOK!

夜間の製菓専門学校メリットとして、授業開始時間が18時以降の学校が多く、仕事が終わってから通学することが可能です。

お菓子作り未経験の方でも基礎から教えてもらえますので、安心して通うことができます。

昼間よりも年齢層も幅広いので、いろんな年齢のお友達ができます。同世代だけでなく人生経験のある人の話を聞くことができるのはメリットの1つといえます。

デメリットとしては、働きながらもしくは学校に通いながらのWスクールは体力的に大変なこと。

早めに友達を作って、励まし合ったり協力し合ってがんばることが、卒業まで挫折しないコツです。

おすすめLINK⇒栄養士の夜間専門学校ってあるの?


バリスタとは?

ケーキを持った女性パティシエ

バリスタとは、barでカウンターに立ち、客から注文を受けてコーヒー(特に、エスプレッソ)を淹れる職業に付いている人の呼称をいいます。

Barはバールと発音するらしい。

日本では、直ぐ思い浮かべるあのバーだが、そこには腕のいいバーテンダーがいます。

同様に、本場イタリアでは、これが資格として定着し3段階からなる技能試験で裏付けられたプロフェッショナルな職業資格となっています。

日本ではまだそれほど普及した資格ではなく、耳慣れない言葉であった頃、知人がこの資格を取ったことで、バリスタという資格があるのだということをわたしも初めて知ったのです。

コーヒーの淹れ方だけではなく、産地による豆の性格やそれに従った豆のブレンドをどうするかなどなかなか難しいところがあります。